埼玉県ふじみ野市の亀久保ひまわり保育園

5月30日(木)

ひまわり組は毎月、園長先生より「命の教室」のお話を聞きます。

「命の教室」は

①「命より大切なものはない」「命は一つしかない」「自分の命は自分で守る」ことを知る

②自分の考えを言葉で伝え、みんなで話し合って考えていく

③一定時間集中して話を聞く

の3つをねらいとしています。

 

いろいろな場面を想定して、子どもたちに問いかけ、「こんな時はどうするか?」を答えてもらいます。

知らない人に話しかけられたらという話の時は、大きな声で「助けてー」と叫ぶ実演をしてくれました。

横断歩道の渡り方の話の時は、

「右みて、左みて、右みて、後ろみて、手を挙げてわたります!」とみんなで大きな声で言えました。

 

そんな様子を約2分の動画にしました!

是非ご覧ください♪

Tags: